採用に関するお問い合わせは
日本創造経営グループ
採用情報ページへ
GetAdobeFlashPlayer
映像が再生されない場合
最新のFlashPlayerにアップデートして下さい

番組名【会計監査編】企業の未来を創る  2015年10月公開(12分15秒)その他の映像を見る

日本創造経営グループのホームページはコチラ!

日本国内に存在する監査法人の数は、およそ220社。従業員数千名の巨大事務所から小規模事務所まで、あるいは、監査を専門に行う事務所からアドバイザリー業務も行う事務所まで、多種多様です。そんな中、創立以来70年近くにわたって企業の成長をサポートし、現在では常時300社に対して、会計監査をはじめ、教育、コンサル、IT、税務と総合的なサービスを提供する専門家集団があります。日本創造経営グループ及び監査法人薄衣佐吉事務所です。今回のカウテレビ企業密着ドキュメントでは、日本創造経営グループの会計士に密着し、企業に影響を与え続ける、その強さの秘密に迫ります。日本創造経営グループは、東京都文京区に本拠を置く、会計を中心とした企業グループです。グループ内に会計・監査部門のほか、教育や、コンサル、IT、そして税務部門と、幅広い事業を抱えています。5つの組織でそれぞれの事業部門を担当しており、従業員数はおよそ60名。創業70年近い歴史を持つ企業グループです。「会計」の仕事というと、企業の税務申告書や決算書の作成など、主に過去の数字をまとめるのが一般的ですが、こちらの日本創造経営グループでは、未来の数字を作ることに注力してきたといいます。日本創造経営グループの会計監査部門を担っているのが、監査法人薄衣左吉事務所です。通常、監査業務は企業の規模に応じてチームで行いますが、薄衣佐吉事務所では、1チーム2名〜10名程度の少数精鋭で業務を行うため、大手に比べると任せて貰える範囲が広いそうです。また、経験の浅い人には、現預金などの比較的簡単な数字が任され、経験を積むにしたがって、難易度の高い数字が任されるようになっていく、そうした育成体制があるといいます。代表社員の河合さんは「伝統を守りつつもグローバル対応も必死に取り組んでいる。一人ひとりに対する期待値が高い。戦力として考えているので断然成長は早い」と語ります。その他求める人物像やビジョンなど詳細は映像にて。