番組名【コンサル編】企業の未来を創る  2015年12月公開(14分45秒)その他の映像を見る

日本創造経営グループのホームページはコチラ!

日本に存在する企業の数は、およそ420万社。そのうち、およそ70%以上が赤字だと言われます。良い商品や良い人材がいても、そのマネジメントや仕組みが上手くいっていないために、経営が、行き詰まってしまう企業は多いものです。そんな中、「企業再生」をコンセプトに掲げ、会計をベースに、教育や、コンサル、IT部門で、常時300社を超える会社に対し、経営指導・改善活動を通して黒字化を支援している企業グループがあります。「日本創造経営グループ」。今回のカウテレビ企業密着ドキュメントでは、日本創造経営グループのコンサルタントや会計士、税理士といった専門家たち密着し、企業に影響を与え続ける、その強さの秘密に迫ります。日本創造経営グループは、東京都文京区に本拠を置く、会計を中心とした企業グループです。グループ内に企業の経営指導を行うコンサル部門のほか、会計部門、教育部門、IT部門、そして税理士部門と、幅広い事業を抱えています。5つの組織でそれぞれの事業部門を担当しており、従業員数はおよそ60名。創業70年近い歴史を持つ企業グループです。「会計」というと一般的には、「過去の数字」をまとめ、分析するというイメージがありますが、日本創造経営グループでは、「未来の数字」を作っていくことを身上としています。マネジメントコンサルティングや人材育成を通して、数字には表れない企業の価値を引き出すことに重きを置いているそうです。日本創造経営グループでは、「経営指導」と「人づくり」の両輪で企業の改善を行っています。「専門家たる前に人間たれ」という創業以来の理念の下、その「人づくり」を担っているのが、日本創造経営協会です。挨拶や報連相の大切さ、仕事に臨む姿勢など、仕事人としての基礎的な部分を教育することを通じて、経営を良くしていくといいます。お客様の声や求める人物像など、詳細は映像にて。