GSタカハシTV(新卒採用ドキュメンタリー映像)-九州のインテリア業界を支える

株式会社GSタカハシのホームページはコチラ!

ビルや商業施設、住宅に欠かせないのがインテリア商材。そうした商材が内装業者に届いて施工されるまでにはインテリア商社の存在が欠かせません。福岡で70年以上インテリア業界の発展に貢献してきた企業、株式会社GSタカハシ。今回のカウテレビ企業密着ドキュメントでは、九州有数のインテリア商社の社員たちに密着し、仕事の面白さや働き甲斐に迫ります。株式会社GSタカハシは、福岡市天神に本社を構えるインテリアの総合商社。創業1940年、従業員数およそ120名。年商65億円という、九州で1,2を争う、業界のリーディングカンパニーです。GSタカハシの仕事は、インテリアメーカーの商品を、内装業者へと届ける、商品の橋渡しがメインの仕事です。壁紙、床材、カーテンやカーペット、システムキッチン、システムバスなど、何万点にもおよぶ商品を、適材適所で内装業者に届ける、貴重な役目を担っています。また、GSタカハシが橋渡しをしているのは、商品だけではありません。内装工事の現場は複数の職人が関わるので、段取りひとつで効率が大きく変わります。営業マンは、工事の進捗を関係者に伝えたり、時には、職人が足りないと聞くと、「人」の手配をするなど、インテリア業界全体がスムーズに流れるための、縁の下の力持ちであり、サッカーで言うとミッドフィールダーの役割だといいます。GSタカハシを率いる3代目、高橋浩介社長は、同社の求める人物像について、「素直で誠実な人。お客様が何を求めているのかがちゃんと聞ける人。」を求めていると語ります。その他今後のビジョンなど、詳細は映像にて。<取材協力>(有)卓洋、(有)リビックス、(株)ルームデコ、(有)インテリアベスト、西日本シティ銀行、(有)ファーストデザイン、(有)あべ装飾、(有)あかし内装(明石徹)

この社長のVTRを全て見る ※番組は新しいほうから順に並んでいます。